MENU
効率が悪く、最大限の値引きも
引き出せない交渉術で満足していませんか?

 

 

アクセラの新車購入の際に最大限の値引きを受けるのには通常、かなりの労力と時間を要します。

競合車種の販売店へ行きある程度の値引き交渉をし、見積もりしてもらう

本命のアクセラの値引き交渉をする為の土台となる競合車種の見積りをとるのにも一苦労。

アクセラのディーラーに行きまず最初の値引き交渉

ディーラー営業マンの交渉をかわしながらある程度の値引き交渉。

何度かディーラーへ足を運び、値引き限界かな?と思った所で契約

時間と日数が掛かる上に値引き相場が分からないので曖昧な値引き額で契約することが多い。
こんな値引き交渉術でアクセラの最大値引きを受けることが出来るのでしょうか?


値引きは全体的な額で見てはいけません。1つ1つ見ていきましょう

アクセラの値引き交渉では、まず車両本体の値引き額下取り車両の買い取り価格ある事をしっかり頭の中で理解しておいてください。

 

これを理解しておかないと、最初の見積り時の時の下取り車両査定額を安めに見積もっておき、詰めの段階で元々の買い取り相場価格に戻し、「それでは最終的に下取り車両の買取金額を上乗せさせて頂きます。」と、さも通常買取金額に上乗せしたような営業マンの常套手段にはまってしまいます。

 

車両の値引きもオプションや諸経費に惑わされないように車両本体の値引き額を知っておく必要があります。

 

それでは、どのようにして下取り車両の買取相場と車両本体の値引き相場を調べればいいのでしょうか?

 

交渉詰め段階の営業マンの下取価格上乗せに騙されるな!

下取り相場を調べる為には、通常買取業者を数件廻り、一件一件そこそこの高額査定が出るように交渉して行き、その中で一番高額査定された金額を目標にディーラー買取額と見比べる必要があります。

 

しかしこの場合、一件一件しっかり交渉して行くと一件にかなりの時間を割いてしまう上にしっかり交渉出来ていなければ元も子もありません。

 

⇒買取相場を知るにはカービューの無料一括見積りが便利!

 

カービューの無料一括見積りは、買取車両の情報をネットで3分入力するだけで、カービューと提携している全国600社の買取業者の中から最大8社の見積りを同時に受け取る事が出来ます。

 

そして、最大の強みは各買取業者ともに見積りの競合他社がいる事はもちろん知っていますので、駆け引きなしの最大買取金額を提示してくることです。

 

これにより、買取業者を廻る手間、交渉する手間を省く事ができ、且つ最大買取価格を知ることが出来るのです。

 

ディーラーの下取り価格よりもこちらの方が高額な場合はこちらで売却するのもありです。

 

 

雑誌の「値引き目標額」は嘘? 車両本体の値引き相場を知ろう!

もうお分かりでしょうが、下取車両の買取価格同様、車両本体の値引き相場も知っておかなければいけません。

 

相場を知らないとどこまで値引きが可能なのか目安が付かないからです。

 

雑誌等にもアクセラの値引き目標が載ってますが、あれはカーナビ・エアロ・アルミ等のオプション等も含めた値引き目標なので参考になりません。

 

同じ販売チャンネルの別の店を廻って見積もりを取るのも手ですが、手間も掛かりますし、同じメーカー同士の見積りは現在は効力がありません。

 

⇒オートックワンで車両本体の値引き相場を知れ!

 

オートックワンでアクセラ無料見積りを出しておけば、車両本体の値引き相場がはっきり分かります。

 

見積り依頼すると『マイページ』のURLが送られてきて、なんと『マイページ』で値段交渉までも出来てしまいます(汗)

 

いざディーラーよりも安かった場合はオートックワンで購入するのも方法の1つです。

 

アクセラ関連情報

昨年9月にマイナーチェンジをおこない、スカイアクティブ第二弾として市場に投入されたマツダアクセラ。スカイアクティブ技術によって20%以上の燃費向上を実現したにもかかわらず、動力性能もアップしているのが驚きだ。

 

スカイアクティブ第一弾として発売されたデミオは、燃費向上の反面、排気量を縮小したことが影響して動力性能がやや下がっていたことを考えると、このアクセラこそがマツダの目指す姿に近いものなのかもしれない。

 

これについては開発者も、「デミオとアクセラはそもそも発想が違う。運転の楽しさと環境性能のバランスを重視したのがアクセラ」と話している。低燃費エンジンというと、燃費を稼ぐことに目を向けすぎて、とかくトルク感のないエンジンに陥ることになりがちだが、このエンジンはそんなことを微塵も感じさせない。

 

また、6速ATに変更されたことで、出力の高い回転域を効果的に使えることから、従来モデルに比べても非常にスポーティーな運転が可能になっている。そして、それに伴うボディ補強の恩恵もあって、走行安定性と操舵感のバランスが優れている。

 

結果、スカイアクティブを導入したことにより、アクセラは全ての面において総合的に性能を向上させることに成功しているのだ。スカイアクティブモデルだからといって、決して燃費性能だけに特化した作りをせず、それぞれの車種に合わせた作りに対応できているのは、特筆すべき点だと思われる。だが、やっぱりヴィッツの中古車が気になってしまう。

 

環境一辺倒になりがちなこのご時世に、それに決して無視はしないながらも、走りの楽しさも提供できるこのマツダの姿勢こそが、これからの各メーカーに求められる資質であることはいうまでもない。

 

ここ数年のマツダ車はすごい!一昔前は、マツダってもう潰れそうな会社で、車もトヨタとかと比べて酷いのが多かった、、、(苦笑)でもデミオに始まりアテンザ・アクセラで完全に復活した感じ(^-^)

 

今のマツダ車乗ったらほんまええもん!ごっつ欲しくなった(^^)vだからアクセラ買おうと思ってんけどメルセデスベンツ バッテリーが欧州製でなければベンツも捨て難い。消費者金融で借りてたお金も返済したし、そろそろ買えるなと。最近FXも利益出てるし(^_^)

 

FX 比較サイトを徹底的に見たおかげかな。ようやくfx 初心者から脱した感じ★。結構時間掛かった気もするけど結果オーライ!FXは難しいわ(^-^;貯金を頭金にして、ディーラーで支払いシュミレーションしてもらったら、月々5万円ぐらいのローンでイケそうやった(^^)
それぐらいやったら払えるわ◎ローン言うても大したことないで!カードローンしてた時と利子が全然違う!(笑)モビットで借りてたんやけど、それに比べたら新車のローンなんか余裕やで♪(笑)

 

もう少し利率が低いプロミスとかでも全然違うわ。消費者金融で借りたらあかんなと思った★(笑)よう返さんようになっておまとめローンしてもらってる人もたまに居るけど、その気持ち分かるわ・・・なかなか郵便局のアルバイトをしながら返すのしんどいもんね。年末用のかに 通販 激安のものを買うので精一杯ってところですか。

2014/12/22 23:58:22 |
ホンダのフリードは新作の軽自動車で、様々な最先端技術を搭載しています。まずは、レーダーブレーキサポート。前方不注意による接触事故を未然に防ぐ目的で搭載されています。渋滞で徐行運転中に前の車との接触が回避できないとレーダーが検知した場合に、自動的にブレーキが作動するシステムです。そして、誤発進抑制機能...
2014/02/15 11:38:15 |
ヴェルファイアを最初に見た感想が、意外と小さいなということでした。友人のもので、引っ越しの手伝いに持ってきてもらったのですが、最初に見た感じでは小ぶりでした。しかし、荷物を載せてみると意外に入るもので、シートの感覚もゆったりしていて余裕をもった作りになってました。以外に良いなと思ったのは、カーステレ...
2013/12/06 10:59:06 |
毎年、私の旦那さんは会社の忘年会に出かけています。忘年会は会社ではかなり大きくやっているので色々とゲームなども楽しめるようにです。忘年会で旦那さんが楽しみにしているものと言えばビンゴゲームです。新年会のビンゴゲームの景品は結構豪華なものが良いをされています。薄型テレビは人気のテレビゲームなどなどいい...
2013/09/24 18:06:24 |
アクセラには、超低燃費をウリにする、SKYACTIVEエンジン搭載の車種もある。それを中心にアクセラを評価してみたいと思う。積まれるのは、直噴ガソリンエンジンのSKYACTIV-G 2.0と6段オートマチックのSKYACTIV-DRIVE。勿論ハイブリッドではないし、小排気量ターボエンジンを積むコン...